忍者ブログ
このブログは、シルバーレインに置いて行動中の「呪炎・アカネ」「明正・捩木」の行動記録を、小説……または一人言を掲載する為の場所であります。サブである「ベルス・ペルシアル」「速水御影」もちょくちょく出てきます。その四人と馬鹿背後の提供でお送りします。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

捩木の戦闘スタイル

風月華の寮から少し離れた裏山。
そこには寮生が好んで自己鍛錬に使う場所特有の、傷ついた木々、磨り減った地面。
独特の心地よい風景が広がっていた。
普段社会を生きる者の中で、このような心境に陥る者は数限りないが、その日の捩木の心には、
その空間がとても新鮮に感じられた。

冷たい朝靄の中で、一人の少年は、森の中で今日も鍛錬に勤しんでいた。

金属音が響き。悠然と一本の剣が空へと飛び、そして落ちる動作を繰り返す。

「はぁ!」

一振りの長剣を蹴り上げ、また捩木の額に汗が浮かぶ。

そう…彼の戦闘スタイルは通常の魔剣士とは一線を引くものがあった。

それは剣をほとんど握らず、構えたとしても近接には不利とされる逆手で剣を握ることにある。

「よっと……今日はこの辺で止めておくか」

円運動を描きながら落ちてくる長剣を、難なくつま先で衝撃を殺し、バウンド…そして右腕で逆手に捕らえた。
首に巻いたタオルで鬱陶しい汗を拭いながらも、使い慣れた武器の感触を確かめる。
すると、一つの違和感が彼を襲う。

「また…か。ひび割れている」

彼が通常剣を扱うときにもっとも消費される部分。
剣の刃を支えるべく、強固に作られたはずの柄部分が亀裂を見せ、彼に抗議をしていた。
それだけではない。刃の部分も岩に打ち付けられ、飛翔する剣の方向性を変更させられるたびに、砕け、それはもう剣としての役割を果たさなくなっている。

「もっと…丈夫な剣じゃないと…何度も新しい物に変えていたら、この先どうなるか分からないな」

試しに近くの大岩に向かい剣を蹴りつけた。
すると…彼の読みどおりに、剣のバランスは崩れ、柄は砕け…刀身は鈍い音を立てて岩に突き刺さり、寂しい情景を残す。

「俺の剣を探す必要があるかもな…」

それだけ言い残すと、彼は鍛錬の片付けを終えた後に、静かに寮へと帰路を辿った。
PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア

最新コメント

[03/21 風香]
[04/03 秋月・慎斗]
[02/09 秋月・慎斗]
[02/08 神農]
[02/04 カイル・フレイル]
最新トラックバック

(10/04)
プロフィール

HN:
呪炎
性別:
非公開
趣味:
世界鑑賞と小説書き
自己紹介:
Sであり同時にMでもある。
属性としては「SM」でも極端にアレなのは勘弁だね。
ソフトが一番でしょう?え?どうでも良いの?
あっ…そう?(///)

人の心とはとても美しく醜いと日頃から考え、他人の意見を吸収しながら、常に流されないように努力しているつもり。

自分のキャラである「アカネと捩木」を苛めるのも大好き。
苛められるのも好き。

だが、他の皆から構ってもらうことは、何よりも幸福を感じるウサギのような人間。

月がとても好きだ。
マイ箸はいつもウサギプリントの物を使うピンポイントなポリシーを持つ変態紳士。

紳士ならば、全力で女性を愛し尊重せよ!!美しき男達を尊重し、彼らの美しさを称えよ!

ここまで書いて思った。俺は最低人間であると!!
バーコード

ブログ内検索